TECHNOLOGY テクノロジー

URBANRING│アーバンリング工法

地下型のサイクルツリーでは躯体(地下円筒型)アーバンリング工法(都市型圧入ケーソン工法)を採用。
下水道等の発進・到達立杭、集水井、トンネル等で全国約170件の実績があります。

アーバンリング工法

JFEエンジニアリングだけの特長

  • ●近接構造物および周辺地盤への影響がありません。
  • ●地盤改良工(薬液注入)が必要ないので地下水等に影響がありません。
  • ●優れた耐震性、止水性、耐荷重性を実現しています。
  • ●躯体の深さが自在なので、車高によって棚を区分する必要がありません。
  • ●メンテナンスフリー(サビ対策不要)です。
  • ●長い耐用年数(トンネル等の土木構造物と同等)です。

 

HOLDING│ホールディング

ゴム製のホールド装置が車軸及びフロントフォークを一体的にホールドする仕組みになっているため、
自転車を傷つけることなくスピーディに格納します。

HOLDING│ホールディング

 

MAINTENANCE│メンテナンス

メンテナンスや緊急対応時に備え、はしごや点検床を設置。
これにより、様々な作業を安全かつスムーズに行うことができます。

MAINTENANCE│メンテナンス